化粧水の正しい使い方

みなさんは、化粧水の正しい使い方をご存知ですか。
化粧水は、失った水分を補うために欠かせないとても重要なものです。使い方を誤ってしまうと、お肌トラブルを生んでしまう可能性もありますので、これを機に化粧水の正しい使い方を身につけてみませんか。

化粧水の量は?

意外と知らない化粧水の量。乾燥の原因は、もしかしたら量の少なさが原因かもしれません。化粧水の1回分の量は、一般的に「500円玉大」以上がベストです。それより少ないと、慢性水分不足肌になってしまう可能性がありますのでご注意ください。

コットンでお肌ケア

コットンを使うメリットは、手やゆびとは違い、じっくりと化粧水を均等にお肌へ浸透させられることです。

しかし、たとえばお肌ケアの際に乾いた部分が肌に当たると、お肌トラブルを生んでしまうことがあります。お肌ケアをした後、お肌が赤くなるという方は、もしかしたら間違ったコットンの使い方が原因となっている可能性があります。また、肌にあてる時にはたたかず、こすらず、なでおさえていくイメージでご使用ください。

コットンを使う際は、裏側が濡れるまで化粧水をしっかりと染みこませ、2本指にのせて化粧水を含ませたコットンの面全体を肌にあてて行きます。凹凸の部位、小鼻や目のまわりは1本指に持ち替えてくまなく行いましょう。

首にお使いの場合も同様に、コットンに化粧水を継ぎ足したら、下から上に向けて馴染ませていきましょう。

手でお肌ケア

手のひらでお肌ケアを行うメリットは、同じ肌どうしのため、刺激が少ないことです。また、手やゆびには、雑菌がついていますので、化粧水をつける際には清潔な手で行うように注意しましょう。

つけるときは顔全体を包み込むようにし、お肌をリフトアップさせるイメージでのばしていきます。この作業をお肌全体が潤うまで行います。

どちらの場合も、お肌ケアの力加減にはご注意ください。叩くというよりも、お肌をなでおさえるイメージで行うと良いでしょう。

当サイトでは、目尻目元眉間のしわをはじめ、ほうれい線に最適な天然由来成分100%の基礎化粧品、HARUGARIをご紹介しておりますので、50代になってしわが目立ってきたとお悩みの方は、ぜひ一度お試しください。はじめての方はお得なプレミアムキットをはじめ、ポイント付与率が高いお得な人気ベーシック3点セットもご用意しております。今後のお肌トラブル対策のためにも、ぜひ一度ご利用ください。


おすすめ情報

年齢とともに変化する肌50代からの基礎化粧品選びのポイントいくつになっても若々しい人の特徴
見た目年齢に大きく影響するほうれい線首のシワを予防するには50代の正しい洗顔方法とは?
お肌を乾燥から守る方法化粧水の正しい使い方口元のたるみの原因は?顔のシワの種類

CART

カゴの中を見る

PAGE TOP
(C)CARROZZERIA JAPAN Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.