50代の正しい洗顔方法とは?

化粧水やクリーム、美容液に強いこだわりを持っているというみなさん、洗顔は意識していますか?50代にとって洗顔はとても重要です。基本である洗顔が正しくないと、毛穴の汚れや余分な皮脂が原因となり、お肌トラブルを招いてしまうこともあります。それを防ぐためにも、今一度、50代に最適な洗顔方法を身につけませんか?

夜の洗顔

30℃くらいのぬるま湯で素洗いをした後に、洗顔石鹸を手のひら又はネットで十分に泡立てます。キメ細かい泡ができたら、その泡をTゾーンに乗せていきます。

Tゾーンは最も陽に当たりやすい部分のため、バリア機能が活発に働きます。その分、皮脂の分泌も多くなるため重点的に洗うことが重要です。力を入れるという意味ではなく、くるくると円を描くように軽いタッチで念入りに洗っていき、Uゾーンへと移動していきます。あご周りはTゾーンの次に皮脂が多いので、たっぷりの泡を使ってしっかり汚れを落としていきます。

最後に頬です。頬は皮脂が最も少ない部分ですので、強く洗いすぎると乾燥の原因となります。撫でるように優しく洗うようにしましょう。

朝の洗顔

40代~50代のお肌は洗いすぎると乾燥を招き、老化を進行させてしまう場合がありますので基本的には素洗いで済ませられることが理想です。ただし、夜使用した美容液やクリームが朝になると皮脂と混ざり、ベタベタすることもあります。それが原因となり、吹き出物を作ってしまう可能性もあります。その場合は朝も洗顔石鹸を使う事をお勧めします。

天然由来成分100%の洗顔石鹸を使うのも良いでしょう。お肌に優しい素材だけで作られた石鹸は、必要以上に皮脂を落とさないので50代のお肌にはぴったりです。

朝の洗顔は、その日のお肌の状態で判断していただくことをおすすめいたします。「今朝はあまり皮脂がでていないな」という日は素洗い、体調の変化や代謝のタイミングで皮脂が浮いてきている場合は洗顔石鹸を使うようにすると良いでしょう。

当サイトでは、50代に最適な天然由来成分100%の化粧品HARUGARIを紹介しております。石鹸の元となる油脂類を厳選することで、お肌への刺激を抑えた良質で大量な泡を簡単に作ることができます。お肌にやさしく、たっぷりな泡でしっかりと汚れを落としお肌を整え潤いを与えます。HARUGARIの天然由来成分100%の石鹸をぜひお試しください。


CART

カゴの中を見る