見た目年齢に大きく影響するほうれい線

年齢を重ねるごとに増えていくシワにお悩みの女性は、多くいらっしゃるでしょう。
特にほうれい線は、見た目年齢を大きく左右してしまうものです。
こちらでは、そんなほうれい線のケアについてご紹介しています。

ほうれい線があるとプラス5歳老けて見える

顔のシワの中でも、特に目立つのが口元にできるほうれい線です。女性の見た目年齢を判断するとき、口元を見るという方はとても多くいらっしゃいます。ほうれい線が深いと見た目年齢がプラス5歳になると言われているほど、口元のシワは老け顔に見られる原因の1つとなっているのです。年齢とともに自然にできてしまうほうれい線は、ケア次第で目立たなくさせることができます。見た目年齢を大幅に若返らせるためにも、ほうれい線のケアをしっかりとしましょう。

ほうれい線ができる原因とは

ほうれい線ができる原因は様々ありますが、主に乾燥と紫外線、筋肉のたるみが原因です。
お肌は乾燥するとたるみ、浅いシワができやすくなる傾向にあります、それが、ほうれい線を助長すると言われています。また、紫外線を浴びることでお肌のハリを保つのに必要なコラーゲンとエラスチンが壊され、それらを作り出すための細胞にも傷がつき生成量も減るため、ハリや弾力が失われてシワができやすくなってしまいます。

そして、もうひとつ頬のたるみは表情筋の衰えが原因です。口元を動かすエクササイズは、ほうれい線ケアにも有効と言われています。

50代からの口元のたるみ、ほうれい線、目元眉間のシワなどが気になるという方は、当サイトをご利用ください。
当サイトでは、今注目を集めている新成分「ラクトバチルスSP発酵液」を配合した、世界で唯一の化粧品HARUGARIを販売しています。「ラクトバチルスSP発酵液」は、新種乳酸菌をもとに独自の培養技術により開発された美容成分です。
安全性が高く刺激が少ない、お肌に大変優しい基礎化粧品なので、ぜひお気軽に「ラクトバチルスSP発酵液」配合のHARUGARI化粧品をお試しください。


おすすめ情報

年齢とともに変化する肌50代からの基礎化粧品選びのポイントいくつになっても若々しい人の特徴
見た目年齢に大きく影響するほうれい線首のシワを予防するには50代の正しい洗顔方法とは?
お肌を乾燥から守る方法化粧水の正しい使い方口元のたるみの原因は?顔のシワの種類

CART

カゴの中を見る

PAGE TOP
(C)CARROZZERIA JAPAN Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.