50代からの基礎化粧品選びのポイント

50代になってお肌の弾力の衰えやシワ、たるみが気になるようになったという方は多くいらっしゃるでしょう。
そんなお肌の衰えが目立つようになる50代は、コスメの中でもお肌に活力を与えられる基礎化粧品を選ぶことが大切です。
こちらでは、50代からの基礎化粧品選びのポイントをご紹介しています。

保湿力に優れているものを選ぶ

50代になるとエラスチンやコラーゲンを作る力が下がり、弾力不足のお肌になりがちです。また、女性ホルモンが減ってくることによる弊害もあちこちに出てきます。
更には、ヒアルロン酸などの保湿成分も、20代の半分程度まで減少してしまうため、お肌が乾燥気味になります。お肌の老化をこれ以上促進させないために、まずは保湿力に優れた基礎化粧品を選びましょう。お肌にしっかりと潤いを保つことが、基本中の基本です。

浸透力が高いものを選ぶ

いくら優れた成分を配合した基礎化粧品でも、お肌のすみずみまでこの優れた成分が届かなければ意味がありません。弾力不足やターンオーバーの乱れ等により硬くなったお肌は、成分の浸透を阻害してしまいます。
そのため、若い時に使用していたもの以上に浸透力が高い基礎化粧品を選ぶことが大切になってきます。

刺激が少ないものを選ぶ

疲れてきたお肌は若いお肌と違って、ちょっとしたことが刺激になりがちです。
一般的な防腐剤であるパラベンに代表されるような、石油系化学合成物質は一般的に刺激性が高いと言われています。そのため、できるだけそれらを減らし、天然成分や天然由来成分が中心の基礎化粧品をお選び頂くことが、肌トラブルがないお手入れへの近道です。

当サイトで販売している天然由来成分100%の化粧品HARUGARIは、独自の培養技術により開発されたラクトバチルスSP発酵液はもちろんのこと、他の成分にも一切、石油系界面活性剤や石油化学合成成分、合成着色料、合成香料、鉱物油を使用していません。安全性が高く刺激が少ない、お肌に大変優しい基礎化粧品となっています。シミやたるみなどの肌トラブルにお悩みの方はもちろん、眉間目元目尻などのシワ、ほうれい線などでお悩みの方もぜひお気軽にご利用ください。


CART

カゴの中を見る